こんなホテル・店は止めよう①

先ほどの記事と少し重複する部分もあるかもしれませんが、悪しからず。やはりお店選びとホテル選びも重要です。雰囲気・空間は全てを左右し支配します。人間と人間がぶつかる以上絶対に場所は外せません。大統領を接待するのにファミレスを選ばないのと同じくらいだと私は考えているくらいです。ソープであればホテルはありません。元々場所が提供されているためです。しかしながらヘルスはホテルも場所に含まれます。長野県の話になってしまいますがとある市について書いていきます。私が利用する市は主に東信という地域のやや廃れた場所である(上田市や東御市)。ヘルスがある場所自体はそこそこ、インフラも街中も整備されています。開かれた街です。しかしながら少し離れるともう田舎になってしまいます。これは長野県の特徴かもしれません。ホテルも種類こそ多いですがある程度離れないと良い所はありません。しかしながらホテルは大事になって来るわけです。やはりそういう行為をする環境。意外と大切になって来るわけです。所謂ホテル街と呼ばれる場所のホテルを何度か利用したがそこは本当にダメでした。その環境だけで少し損をしたのではないかと思う位でした。若い頃利用していたホテルも今は場所やアクセスが悪くなり分からなくなってしまいました。しかしそこも決して綺麗ではなかったです。金額に合わせてホテルを下げるくらいなら数千円余分に出してホテルのグレードを上げる方が私は良いと思って日頃から利用しています。汚い風呂、汚い部屋。何か1つでも汚いとか古いと思う所があると私はそれだけで過敏になってしまう所があります。風呂や鏡が汚く古びている。それがどれ程行為に、テンションに影響を及ぼすかを何回か利用してみて知りました。育ちは貧乏だったのに何故かこんな拘りは強かったようです。


Copyright(c) 2017 アテンションToデリヘルユーザーズ All Rights Reserved.